Google search console のアカウントの所有権を削除♪

Google search console
  • 設定の「ユーザー権限」に使いたくないアカウントが「オーナー」として表示されてるのが気になる
  • 昔のアカウントでデータを見れないようにしたい

メールアドレスを変えた時困るのが、この問題ですよね( ̄▽ ̄;)

アドレスを変える事ってありますよね。
という訳で、いらないアカウントでGoogle Search Consoledでデータが見れないようにしたい場合は削除してしまいましょう♪

使用したいアカウントになっているか確認

画面右上のアカウントのアイコンを見てください。
確認したいアカウントになっていることを確認して下さい。
違っている場合は変更してください。

今使用しているアカウントに所有権があるか確認


自分のブログの所有権が、使いたいアカウントにあるか確認をします。

画面左上のアドレスが表示されている場所が「プロパティを検索」の時

「プロパティを検索」をクリックしてください。
所有権を確認したいブログのアドレスがプルダウンで表示されますので変更してください。

プロパティ設定で「所有権の確認」を確認


画面左側の「設定」をクリックしてください。
「プロパティ設定」の「所有権の確認」を見てください。
「あなたは確認済みの所有者です」にチェックが入っていることを確認して下さい。

そら
そら

所有権が無い場合は、所有権を確認をしてください。

いらないアカウントを削除する

「プロパティ設定」の「ユーザーと権限」をクリックしてください。

画像では、ユーザーが1つしか表示されていませんが、この記事を見ている人は使用したいアドレスと、削除したいアドレスが共に「オーナー」として表示されているかと思います。

削除したいアカウントの右横の3個の点をクリックします。
「プロパティ所有者の管理」が表示されますのでクリックします。

確認済みのサイト所有者の「未確認にする」をクリック

「プロパティ所有者の管理」が表示されます。
下にスクロールをして「確認済みのサイト所有者」を見てください。
削除したいアドレスの右横にある「処理」の欄の「未確認にする」をクリックしてください。
「未確認にしますか?」と聞いてきた場合は「未確認」を選択してください。

そら
そら

すみません。
画像をとってなかったので、この場所の文言をよく覚えてないのです( ̄▽ ̄;)

「プロパティ設定」の「ユーザーと権限」を再表示させてアカウントが削除されていることを確認して下さい。

Google search console のアカウントの所有権を削除♪ まとめ

アカウントが2個で何か不都合があるかというと、私には思いつきません。
が、気になる場合は削除したいですよね( ̄▽ ̄;)
という方の参考になるかと記事にしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました