wordpress無料テーマcocoon「セキュリティ保護なし」のなおしかた♪

Cocoon

 

サイトのURLを「https」にしたのに、セキュリティなしって表示さるのはなぜ?

この質問にそらが答えます(笑)

このアドレスバーに「セキュリティ保護なし」が表示された方は驚きますよね(;^_^A

wordpressアドレスのURLは「https://」に設定してあるのに、「セキュリティ保護なし」と表示されるのですから

この記事では、私が解決した方法を紹介いたします♪

本記事内容

  1. 設定のアドレスを確認
  2. 記事の画像のアドレスを確認

「セキュリティ保護なし」で困っている方の参考になればと記事にしました。

「セキュリティ保護なし」になる原因

http(Hyper Text Transfer Protocol)と、https(Hypertext Transfer Protocol Secure)

このアドレスにの前にある言葉の、「s」が付くか付かないかのせいで「セキュリティ保護なし」が表示されてしまいます( ̄▽ ̄;)

アドレスの初めについている「http://」だと通信内容が他人に見える状態なのです。

「https://」を使用して通信内容を暗号化させるために、cocoonの記事の中や設定の中にある「http://」を探して「s」を付けましょう♪

Cocoon設定の中の「http」を探す

Cocoon設定

Cocoon設定の中に、「http://」が含まれている場所があります。

含まれているか確認して、含まれていれば「s」を付けましょう。

画面左側にある「cocoon設定」をクリックしてください。

この上の部分のタブの中にある「AMP」をクリックしてください。

cocoonのAMP設定画面

AMP設定画面が表示されますので、その中の「AMPロゴ」の項目を確認して下さい。

「http://」となっていましたら、「s」を追加してあげてください。

その後、上か下にある「変更まとめて保存」をクリックしてください。

cocoonのヘッダー

ヘッダー設定画面が表示されますので、その中の「ヘッダーロゴ」と「ヘッダー背景画像」を確認して下さい。

「http://」となっていましたら、「s」を追加してあげてください。

その後、上か下にある「変更まとめて保存」をクリックしてください。

cocoonのOGP

OGP設定が表示されますので、その中の「ホームイメージ」を確認して下さい。

「http://」となっていましたら、「s」を追加してあげてください。

その後、上か下にある「変更まとめて保存」をクリックしてください。

画像URLの中の「http」を探す

画面左側にある「ユーザー」のプロフィール画像のURLを確認して下さい。

ここも見落としがちです。

「http://」となっていましたら、「s」を追加してあげてください。

その後、上か下にある「変更まとめて保存」をクリックしてください。

wordpress無料テーマcocoon「セキュリティ保護なし」のなおしかた♪まとめ

私のこのサイトの「セキュリティ保護なし」を治した方法を紹介しました。

wordpressURLのアドレスを「https;//」に変更するだけで大丈夫だと思っていいたら、大間違いでした(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました